【賃貸】アパートのうるさい隣人を黙らせる効果的な方法

トラブル

「隣人の騒音が気になるけど、隣人トラブルは防ぎたいし。これってどうやって対応したらいいの?」

このような悩みや疑問を解決するため当記事では、隣人の騒音問題や騒がしい隣人への対処法などをご紹介!

私も過去に隣人の騒音問題に悩んで、長年にわたり苦労した経験があります。

その経験から、隣人の騒音トラブルは人生のQOLを下げるといっても過言ではありません。

今すぐにでも、隣人の騒音トラブルを円滑に解決したい方は必見です!

具体的な対処法も交えてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

アパートの隣がうるさいと感じるケース

アパートの隣がうるさいと感じるケースは4つあります。

  1. カップルの話し声がうるさい
  2. 子どもの泣き声がうるさい
  3. 夜になると生活音がうるさい
  4. 夜中の大学生の宅飲みがうるさい

それぞれについて詳しく解説していきますね。

1.カップルの話し声がうるさい

隣人のカップルの話し声を不快に感じたことはありますか?

カップルにとっては、ただ楽しくお喋りしているだけかもしれません。

しかし、カップルが気づいていないだけで、隣人には迷惑となっているケースは多いです。

さらに、話し声だけでなく、場合によっては「カップルの営み」の音が聞こえてくるケースも。

真夜中にそんな音が響いた日には、落ち着いて眠れません。

しかも、いざ注意しようにも、「何て言えばいいのか?」と悩む人も多いでしょう。

「営みの音をもっと小さくしてください!」なんて、直接言えないですからね。

カップルの騒音問題は、相手への伝え方が難しい分、解決も難しい問題です。

2.子供の泣き声がうるさい

子どもの泣き声は、ただでさえ不快に感じる人も多いのではないでしょうか。

ましてや、他人の子どもの大きな泣き声を不快に感じることは、仕方ないことです。

加えて、子どもは時間帯を問わず、いつ泣き出すか全く分かりません。

場合によっては、真夜中や朝方の静かな時間帯に大声で泣くことも。

もちろん、泣き止まない子どもの面倒を見る親の苦労も良く分かります。

しかし、コントロールできない子どもの泣き声ほど、解決も難しいですよね。

相手に悪気はなくても、隣人の悩みの種になりやすい問題の1つです。

3.夜になると生活音などがうるさい

住人が寝静まった夜更けの時間ってとても静かですよね。

しかし、一方でこの時間帯は、些細な生活音でも響きやすい時間でもあります。

具体的には、隣人の扉を開け閉め、洗濯機の機械音、ゴミ出しの音など、昼間の時間帯であれば耳に入らない音も、この時間にはすぐに近隣に響いてしまうことも。

しかし、音を立てている張本人は悪気があって生活音を立てていません。

なにせ生活音は、自然に生活していると起きてしまう音ですからね。

なので、音を立てている張本人は、ほとんどのケースで気づいていません。

相手も自覚がない分、注意することが難しく、改善もされにくい問題です。

4.夜中の大学生の宅飲みがうるさい

これは、大学生が多い一人暮らし用の賃貸住居ではあるあるの問題です。

「大学生=宅飲み」というイメージを持っている方も多いでしょう。

皆さんは大学生の宅飲みで騒音に悩まされたことはありますか?

これって隣人からすると相当迷惑ですよね。

しかも、他の騒音との一番の違いは、騒がしい時間帯が長く続くことです。

彼らは、平日・休日問わずに夜通し騒ぎ続けることも珍しくありません。

若い大学生の中には、社会人のようなモラルやマナーが欠けている人も多いため、注意をしても改善されず、悩んでしまう隣人も多いです。

アパートの隣がうるさい!隣人を黙らせる効果的な方法

「うるさい隣人を黙らせたいけど、どうしたらいいか分からない…」そんな方は必見です!

上手に隣人の騒音トラブルに対処するための方法は3つあります。

  1. 管理会社や大家さんに相談する
  2. 匿名で手紙を出す
  3. 部屋の防音対策をする

それぞれについて詳しく解説していきますね。

1.管理会社や大家さんに相談

賃貸住宅の場合は特にですが、隣人のことをよく知らないという人も多いです。

そんな中で「うるさいんですけど!」と、いきなり見ず知らずの相手に直接注意することは、さすがに皆さんも気が引けますよね。

「どんな人かも知らないのに、そもそもどうやって注意したらいいのか分からないよ…」

そんな時には、迷わず管理会社や大家に相談しましょう!

管理会社や大家さんの連絡先は、入居時に契約した不動産に確認すると、すぐに教えてもらえます。

また物件によっては共同スペースなどに緊急連絡先が記載してあることもあるので、一度確認してみましょう。

管理会社や大家さんは対応に慣れているケースが多いので、気軽に対応してもらえます。

騒音に悩んだ時は我慢せず、まずは管理会社や大家さんに相談することをオススメします。

2.匿名で手紙を出す

「隣人に注意はしたいけど、自分の身バレはしたくないしなあ…」

そんな方には最もオススメの方法です!

匿名の手紙の場合、何を書けば良いのかご存じですか?

まず、自分が困っていることを簡潔に具体的に記載するようにしましょう。

そして相手が現状を理解しやすいよう、いつどのような音に迷惑をしているか具体的に記載します。

この手紙を複数回送り、それでも改善が見られない場合には、第三者への協力を仰ぐのが良いのではないでしょうか。

しかし、この匿名の手紙ですが、注意すべき点が2つあります。

まず1つ目は、騒音を出している隣人をしっかり特定してから、匿名の手紙を出すことです。

対象の隣人を間違えてた場合、あなたが迷惑行為をしたとして訴えられる可能性もありますからね。

そして2つ目は、匿名ゆえにイタズラを疑われる可能性があるということです。

匿名の手紙を受け取った相手が、「誰がこんなことをしたのか?」と感じやすく、逆に相手がイタズラや嫌がらせを疑ってしまう可能性があります。

相手がイタズラを疑ってしまった場合、その手紙の内容に関する説得力は大きく失われてしまいますよね。

あなたのプライバシーを守る点では、匿名の手紙は有効な方法ではあります。

しかし、相手に強く訴えたいのであれば、管理会社や大家さん経由の対応がオススメです。

3.部屋の防音対策をする

「相手に注意したり、誰かの相談するのも気を遣うなあ…」

そんな方には、自分で完結できるオススメの方法です。

まずは簡単な方法の1つとして、自分の部屋の防音対策を試してみましょう。

例えば、防音壁や遮音シート、防音カーテンなどがホームセンターで市販されています。

これらを有効活用すると、簡単に外からの騒音を遮断することが可能です。

また、この方法は周囲に迷惑をかけやすい自分の生活音対策にもなります。

これはまさに一石二鳥ですよね。

多少コストはかかりますが、相手に気を遣わずに解決できる方法なので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

【賃貸】アパートの防音性が気になる方へ!おすすめの防音対策アイテムを紹介
「音に対して敏感だから、アパートの防音性が気になる…騒音による近隣トラブルも避けたいし、何かいい防音対策アイテムないかな?」 大きなトラブルに発展する可能性もある騒音問題。建物の防音性を理解した上で、対策方法も知りたいですよね。 ...

アパートの隣がうるさい時にやってはいけないこと

うるさい隣人を黙らせるために、可能な限りやってはいけないことが3つあります。

  1. 壁ドン
  2. 苦情を直接伝える
  3. 警察への通報

さらなる大きな問題に発展させないために、避けるべき大事なことを詳しくご紹介しますね。

1.壁ドン

壁ドンとは、壁を手や足で蹴って相手にうるさいとアピールする方法です。

皆さんは「隣のうるさい人を黙らせよう!」と意気込んで、壁ドンをした経験はありますか?

実は、壁ドンはあまり良い対応ではないと言われております。

理由としては、壁ドンが原因でさらに大きな問題に発展することがあるからです。

実際に壁ドンが原因で、隣人との関係が悪くなったり、喧嘩に繋がることもあります。

最悪の場合、隣人トラブルの刑事事件に発展してしまうことも。

また、自分が隣人の騒音に悩んでいても、隣人は自分の音に気づいていない場合もあります。

そんな時にあなたが壁ドンをすると、一体どうなるでしょうか?

逆に相手を怒らせてしまう場合もありますよね。

穏便に解決するためにも、積極的な壁ドンは可能な限り避けましょう。

騒音トラブルで、隣人の「壁ドン」に恐怖… 刑事事件になる可能性は?

2.苦情を直接伝える

「隣のうるさい奴に、直接文句をいってやる!」

このように思われた経験はありますか?

もしくは実際に直接文句を言いに行ってしまったという方もいるでしょう。

しかし、今後そのような行動は可能な限り止めてください。

理由は相手に自分の顔を知られてしまうリスクが大きすぎるからです。

注意された相手があなたを特定した場合、逆恨みの対象になってしまうことがあります。

また逆恨みが発展して、嫌がらせ等の大きな問題に発展することも。

これらの理由から、穏便な解決のために、相手に直接苦情を言うことはNGとされております。

「それでも、どうしても相手に苦情を言いたくてたまらない…」

そんな場合には、管理会社や大家などの第三者を上手に活用してみましょう。

3.警察への通報

皆さんは、隣人の騒音問題で警察に通報した経験はありますか?

「事件や事故でもないし、警察に通報しても相手にされないのでは?」と思うかもしれません。

しかし、度を越えた騒音の場合は、通報を受けた警察も対応して、相手方に注意をしてくれます。

ただし、1点だけ注意すべきこともあります。

それは、相手に苦情を伝えた後すぐに警察に通報しないことです。

自分が警察に通報したことがすぐにバレて、相手から反感を買ってしまいますからね。

それがきっかけで別の大きなトラブルにつながる場合もあります。

警察への通報は有効な手段ですが、タイミングには注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました