スポンサーリンク

【賃貸アパート】エアコン交換の費用と連絡はどうする?

暑い夏や寒い冬の時期にエアコンが不調だと、たまったものではないですよね。

「賃貸物件のエアコンを交換したいけど、費用負担はどうなるの?連絡はどうすればいいの?」

そんな疑問にお答えするために本記事では、エアコン交換の費用負担と、適切な連絡の取り方について解説します。

交換費用は、物件の所有者が負担する場合と、そうでない場合があることはご存知でしょうか?

不必要に自己負担で交換する状況に陥らないためには、エアコンの状態をしっかり把握しておくことが重要です。

早く快適な居住環境に戻りたい!と思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

賃貸物件で、エアコン交換の費用と連絡はどうする?

賃貸物件のエアコンは備え付けが多く、交換したくても何から始めていいかわかりませんよね?

結論として、どのような場合でもまずは管理会社あるいは大家さんに相談が必要です。(以後、まとめて「大家さん」と記載)

賃貸物件では、備え付けの器具や備品の所有権は、物件の所有者に帰属するので。

ただ、どのような場合に貸す側に交換の義務が発生するのかを把握しておかないと、大家さんとの交渉を有利に進められません。

どのようなケースであれば、大家さんが交換してくれるのか?

逆に自己負担で交換するのは、どのようなケースなのか?

それぞれについて、説明します。

経年劣化であれば、基本的には大家さんが負担してくれる

大家さんがエアコンの交換費用を負担してくれるのは、原則的には「経年劣化」が認められた場合です。

長ければ数十年と存在する物件に対し、あなたの居住期間に故障が発生したのは偶然といえます。

そして、提供している居住設備を定期的にメンテナンスするのは管理者側の責任ですよね。

もちろん使用年数が浅くても、エアコンが突然自然故障することはありますし、その場合も基本的には大家さんが交換してくれるでしょう。

具体的にどのような症状の場合に大家さんが交換してくれるのかについては、後述の内容で確認してください。

大家さんが交換してくれないケース①:前の入居者が持ち込みしている場合、自費で交換する

大家さんがエアコンを交換してくれないケースの代表例は、前の入居者が持ち込んで設置している場合。

これは「残置物」と呼ばれ、大家さんの管理責任の範囲外と考えられるからです。

あなたの部屋のエアコンが残置物該当するかどうかを確認するには、入居時の契約書や重要事項説明書を見てみましょう。

「エアコンが残置物であるという記載がない」あるいは「備え付けの設備の一部として、エアコンの記載がある」場合は特に問題はありません。

もしエアコンが残置物として記載されてる場合、基本的には借主が交換費用を負担する必要があります。

大家さんが交換してくれないケース②:自主的に交換する場合も、自費で交換する

エアコンが残置物ではない場合でも、自主的にエアコンを交換する場合は自己負担になります。

先ほど述べた通り、大家さんが交換する義務が発生するのは、あくまでエアコンの経年劣化や自然故障が認められた場合のみだからです。

「自主的交換」の定義は、以下のようなケースが当てはまります。

  • 新しい機能を求めてモデルチェンジしたい
  • 温度調整が届かない部屋があるから、アップグレードしたい

元々設置されているエアコンで住み始めることを合意しているので、それ以上のスペックを求めての交換は「自主的交換」と判断されるでしょう。

スポンサーリンク

エアコンの交換を交渉できるのは、どんなケース?

どのような症状であれば、大家さんにエアコン交換の交渉ができるのかを具体的に解説します。

交渉にあたっては、不調の原因があなたのせいではないことをしっかりと説明することが重要です。

次のいずれかに当てはまっていないか、という視点で読み進めてみてください。

交換時期の目安を過ぎている(10年~15年経っていれば十分!)

エアコンに設定されている耐用年数。

それを過ぎていることは、交換を依頼するための大きな説得材料です。

具体的な目安として、10年~15年過ぎていれば、一般的な耐用年数を超過しているといえます。

ただ、メーカーやモデルによって若干の差が出てくることも。

耐用年数を確実に把握するには、エアコンの下部や室外機の側面・裏側などに貼ってあるシールを確認してください。

記載されている「標準使用期間:〇年」と「製造年」から、耐用年数を計算できます。

機能的な不具合がある

エアコンの機能に明らかに不具合がある場合も、大家さんに交換を交渉できます。

例え耐用年数を過ぎていなくても、自然故障したと認められるからです。

具体的な不具合とは、以下のような内容を指します。

  • オン/オフができない
  • スイッチが入っても、風が出てこない
  • 冷暖房の切り替えができない
  • 風速・風向きの調整やタイマー機能など、本来使えるはずの機能が使えない

不調を感じた理由を明確にし、大家さんへの説明を詳細に行いましょう。

稼働の音が大きい

稼働の音が不自然に大きい場合も、交換交渉の対象になります。

機能的な不具合がなくても、大きすぎる稼働音は通常使用に支障をきたしているからです。

本来するはずのない音がしているわけなので、将来的な故障に繋がる予兆ともいえます。

故障して使えなくなって困る前に、異常な音を察知した時点で大家さんに相談を入れましょう。

異臭がする

エアコンから異臭がする場合、まずは大家さんに相談を入れることが重要です。

異臭の原因がカビの大量発生などの場合、身体にも様々な悪影響が想定されます。

また、交換まではいかなくとも、まずは異臭の原因を調査してもらえることは多いです。

異臭の原因がはっきりすれば、交換しなければいけないのか、クリーニングで済む問題なのかを切り分けられます。

その後、費用負担について改めて大家さんと交渉しましょう。

冷暖房の利きが悪い

エアコンの利きが悪い場合も、早めに大家さんに連絡を取りましょう。

「利きが悪い」は体感的な話なので、大家さんも判断が付かずにやり取りが長期化することもあるからです。

「まずは掃除してみて様子を見てください」などの一次回答が来ることも。

ほこりが詰まっているだけであれば、フィルターを自分で掃除するだけで改善が期待できます。

逆に改善しなければ、本体に異常がある可能性も高いです。

スポンサーリンク

エアコン交換前の注意点は?

ここまでで、エアコンの異変を感じたら、大家さんに早めに連絡を取る重要性を説明してきました。

ただ、焦りからやみくもにエアコンの交換を依頼してしまって、後々のトラブルに繋がることはよくあります。

エアコンに関するやり取りの対応で無駄な時間を使わないように、事前に注意すべき点を理解しておきましょう。

ポイントは3つです。それぞれ解説します。

本当に故障かどうかを確認する

交換の依頼前にやるべきことは、本当に故障しているかどうかの切り分けです。

故障と思い込んでいたけど、実際はエアコンの使い方を間違っていただけということはよくあります。

大家さんとあなたの貴重な時間を無駄にしないように、まずは以下の点をセルフチェックしましょう。

  • リモコンの故障や電池切れはないか(電池交換しても動かないときは、リセットボタンも試す)
  • 省電力モードなどがオンになっており、機能が抑えられていないか
  • コンセントがしっかり刺さっているか
  • 室外機の周りに障害物はないか
  • 霜取り運転中で、暖房が使えないだけではないか

大家さんが交換してくれない場合でも、勝手に業者に連絡しない

自己負担でエアコンを購入する場合でも、大家さんへの事前連絡は必須と考えてください。

エアコンの設置には工事が伴うため、大家さんの許可取りが必要になるからです。

以下の点を中心に、事前に大家さんと相談しておきましょう。

  • 古いエアコンの取り扱いをどうするのか
  • 新しいエアコンの設置場所はどうするのか
  • エアコンの取り付けに掛かる費用は、どちらか負担するのか
  • 工事業者は、どのように選ぶのか

大家さんが提携している業者に工事を依頼することで、費用が安く済むこともあります。

エアコンの選別と設置工事の工程は別物ととらえて、大家さんへの連絡を忘れずに行いましょう。

交換費用を負担する場合は、退去時の取り扱いを確認する

エアコンを自己負担で購入する場合、退去時の取り扱いを確認しておく必要があります。

自費で購入したエアコンの所有権はあなたに帰属するので、退去時の引き取りが原則となるからです。

引き取れない場合を想定して、あらかじめ大家さんに問い合わせておきましょう。

次の選択肢のどれに該当するのか?という聞き方をすると、スムーズにやり取りできます。

  1. 大家さんが買取りしてくれる
  2. 買取りはされないけど、置いたまま残す
  3. 置いたまま残すことがNG

1や2のケースであれば問題になりませんが、3の場合は少しやっかいですね。

お住まいの自治体で粗大ゴミとして出すか、あるいは家電の買い取り業者に依頼するかのいずれかの方法を取ってください。

スポンサーリンク

大家さんと適切なコミュニケーションを取って、スムーズにエアコンを交換しよう

エアコンの不調を感じたときは、どのような状況であれば大家さんが交換の費用を負担してくれるのかを知っておくことが重要です。

本記事の内容を押さえれば、きっと大家さんへの適切な交渉ができます。

経年劣化や自然故障など、エアコン交換の必要性を的確に説明しましょう。

家主の義務として、交換してくれる可能性が高まります。

また、実際に交換を依頼するときは、故障かどうかの事前チェックをして、業者に連絡する前に必ず大家さんに相談を入れてください。

いらぬトラブルを回避し、無駄なやり取りで貴重な時間が奪われません。

大家さんと適切なコミュニケーションを取り、スムーズにエアコンを交換することで、一秒でも早く快適な居住環境を取り戻しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました