スポンサーリンク

【賃貸】アパートの防音性が気になる方へ!おすすめの防音対策アイテムを紹介

お役立ちアイテム

「音に対して敏感だから、アパートの防音性が気になる…騒音による近隣トラブルも避けたいし、何かいい防音対策アイテムないかな?」

大きなトラブルに発展する可能性もある騒音問題。建物の防音性を理解した上で、対策方法も知りたいですよね。

そこでこの記事では、賃貸アパートの防音性について徹底解説し、おすすめの防音対策アイテムもご紹介

トラブルになる前に、生活音や騒音の対策をしたいと思っている方はぜひ参考にしてくださいね◎

ちなみに、場所別の防音対策もそれぞれ詳しくまとめているので、こちらもチェックしてみてください!

【賃貸】アパートの壁が薄いなら防音対策が必須!ニトリの防音シートが最強?
「賃貸アパートの壁が薄いから、話し声やテレビの音が隣人に聞こえていないか心配…。トラブルになるのは嫌だから、防音対策をした方がいいのかな?」 アパートの壁が薄い問題はよくあること。神経質な方だと、隣から聞こえる小さな音でもストレスを感...
【賃貸】アパートの床に効果的な防音対策とは?下に響かない方法を紹介
「アパートに住んでいるけど、足音や物を落とした時の音が下の階に響くのは迷惑だよな…防音対策をしようと思うんだけど、どんな方法が効果的なんだろう?」 このようなお悩みを解消するため、賃貸アパートの床に効果的な防音対策やアイテムなどをご紹...
【賃貸】アパートの窓も防音対策を忘れずに!おすすめアイテムも紹介
「アパートの壁や床は防音対策をしているけど、窓もした方がいいのかな…?生活音が外に漏れて聞こえるのは恥ずかしいし…」 このようなお悩みを解消するため、アパートの窓も防音対策をした方がいい理由と、おすすめの方法をご紹介! プライバ...
スポンサーリンク

賃貸アパートの防音性ってどうなの?

騒音トラブルを避けるためにも、自分が住んでいるアパートの防音性が気になりますよね。

建物の構造によって防音性は大きく異なるので、構造別にそれぞれの特徴も理解しておきましょう。

今回は主に、

  • 木造アパートの防音性
  • 鉄筋コンクリート造の防音性

について解説します。

木造アパートの防音性

多くの賃貸アパートは木造ですが、防音性が低いと感じた事はありませんか?

結論、木造アパートの防音性は鉄筋コンクリート造と比べれば低いです。

理由は2つあります。

  • 気密性が低く風通しがいいため音をよく通す。
  • 鉄筋コンクリートに比べて材質が軽いため音を通しやすい。

しかし、最近の木造アパートでは壁の中に遮音材が使われ、防音性が向上しています。

古い木造アパートでは遮音材が使われていないことも多く、同じ木造でも防音性に差があり注意が必要。

少しでも防音性が高い木造アパートを考えている方は、新しい物件や遮音材が使われている物件を選ぶようにしましょう。

鉄筋コンクリート造アパートの防音性

鉄筋コンクリート造アパートの防音性も気になりますよね。

鉄筋コンクリート造アパートは、木造アパートに比べると防音性に優れ、騒音が気になる方におすすめです。

柱や壁などが鉄筋で組まれ、鉄筋の枠にコンクリートを流し込むので、丈夫で防音性も高くなっています。

また、密度が高く隙間がないため音が漏れることもありません。

コンクリートの素材自体が固く、音を跳ね返す特徴があるため防音性に優れた工法と言えるでしょう。

騒音に敏感な方や、自分が出す音で近隣に迷惑をかけたくない方にはおすすめです。

スポンサーリンク

防音性の高い賃貸アパートの特徴

建物の構造以外で、防音性の高い賃貸アパートの特徴を知っていますか?

特徴を理解して、部屋選びの参考にしたいですよね。

防音性の高い賃貸アパートの特徴は、

  1. 最上階の角部屋
  2. 部屋数が少ない
  3. 壁越しにクローゼットなどが隣り合っている

それぞれ詳しく解説します。

1.最上階の角部屋

最上階の角部屋に住んだことありますか?

実際には空室になっていないことが多く、住んだことがある方も少ないですよね。

最上階の角部屋は、防音性が高くおすすめです。

上階の音を気にする必要がなく、隣も片側だけなので必然的に騒音も少なくなります。

両隣に部屋がある場合と比べて、どちらか片側にだけ気を遣えばいいのでストレスも少ないでしょう。

しかし注意点として、階段やエレベーターが近い可能性があるため確認が必要です。

2.部屋数が少ない

部屋数が少ない物件も、防音性が高いでしょう。

部屋数が少ないと、隣接する部屋同士がゆとりをもって作られている事が多く、部屋と部屋の間に距離ができます。

隣接する部屋が離れるほど、壁が厚くなるので防音性が高いといえます。

3.壁越しにクローゼットなどが隣り合っている

今まで隣の間取りを確認した事ありますか?

滅多に確認する機会はないですよね。

壁越しにクローゼットなどが隣り合っている間取りだと、防音性が高くなります。

理由は、クローゼットなどの収納スペースで音が吸収され、リビングや寝室まで音が伝わりにくくなるためです。

防音性を気にするなら、間取りの確認も重要。

管理会社に事情を説明し、もし可能なら隣の間取り図も依頼しておきましょう。

スポンサーリンク

賃貸アパートの防音性をチェックする方法

内見の時、間取りの確認など簡単に終わらせていませんか?

賃貸アパートの内見時に、簡単に防音性をチェックする方法があれば便利ですよね。

建物の構造や部屋の間取り以外にも、お手軽に防音性をチェックする方法があります。

その方法は、

  1. 手を叩く
  2. 壁を叩く
  3. 静かにして周囲の音を聞く

順番に解説します。

1.手を叩く

手を叩くことで、簡単に防音性を確認する事ができます。

大きく手を叩き、その音が反響した場合は気密性が高く防音性に優れています。

逆に音が反響しない場合は、音が外に漏れている可能性があり防音性は低いでしょう。

手を叩くだけで簡単に確認できる方法なので、ぜひ試してみてください。

2.壁を叩く

壁を叩くことでも、防音性を確認できます。

壁の中心をノックし、中身が詰まっている低く鈍い音がした場合は、防音性がある証拠です。

一ヶ所だけだと判断が難しいので、違う面の壁も確認するといいでしょう。

しかしその時は隣の住人がいる可能性もあるため、壁を叩く前に確認する必要があります。

3.静かにして周囲の音を聞く

静かにして周囲の音を聞くのも防音性を確認できる簡単な方法です。

防音性の低い賃貸アパートなら、隣の部屋から話し声が響いたり、周囲の学校や商業施設からの音が気になる場合もあります。

しかしそのタイミングで周囲の音が気にならなかったとしても、曜日や時間帯によって変わる可能性があるため、一回の内見で判断しないようにしましょう。

スポンサーリンク

賃貸アパートの生活音には2種類あるって知ってた?

様々な生活音がありますが、実は2種類の生活音があることを知っていますか?

それぞれの生活音の特徴を知れば、対策もしやすいですよね。

その2種類とは、

  • 固体音
  • 空気音

それぞれ特徴を詳しく解説します。

固体音

生活音の中で、特に足音は気になりますよね。

足音は固体音です。

個体音とは、壁や床などの個体が振動することで伝わる音のことをいいます。

具体的には、床を歩くときの振動や洗濯機の振動、エレベーターなどの機械振動が該当。

特にフローリングは衝撃音を拾いやすい性質があり、固体音として周りに振動が伝わりやすいので、物を落とした時など下の部屋に音がよく響くのはそのためです。

下の部屋に足音が響いてしまうのも、この固体音になります。

空気音

騒音の中でも、特に大きな話し声は気になりますよね。

話し声は空気音に該当し、空気が振動して伝わる音です。

話し声の他に、車の音・楽器の音などが該当します。

大きな話し声などは、壁や天井を震わせることで空気音が固体音と変化することも。

壁や窓などの隙間から漏れる場合が多く、高音より低音の方が響いてしまう特徴があります。

スポンサーリンク

賃貸アパートの防音対策に役立つアイテム一覧

建物の構造や間取りによって防音性が異なるのは理解されたと思います。

さらに防音性を高める即効性のアイテムがあれば嬉しいですよね。

そのアイテムとは、

  1. 防音マット・防音カーペット
  2. 防音カーテン
  3. 隙間テープ・防音テープ
  4. スリッパ
  5. 段ボール

一つずつ詳しく解説します。

1.防音マット・防音カーペット

マットやカーペットならすでに持っている方も多いでしょう。

それを防音マット・防音カーペットに替えるだけで、騒音対策にとても効果的です。

生活音の一つは壁や床が振動することで伝わる固体音ですが、防音マットや防音カーペットを敷いておくと振動を抑えることができ、個体音が響きにくくなります。

洗濯機の振動や足音が気になる方は特に効果的で、近隣への騒音を軽減したい方は購入を検討してもいいでしょう。

特に、ゴムやウレタン製が効果が大きいためおすすめです。

2.防音カーテン

防音カーテンも、防音性を高めるにはおすすめのアイテムです。

防音カーテンには「遮音」カーテンと、「吸音」カーテンの2種類があります。

「遮音」カーテンは外からの音を跳ね返す効果があり、外からの話し声や車の音などが気になる方におすすめ。

「吸音」カーテンは弾力のある柔らかい繊維が音を吸収するので、自分が出す音が近隣の迷惑になっていないか気になる方にいいでしょう。

自身の環境によって使い分けてください。

3.隙間テープ・防音テープ

つい見逃しがちですが、隙間テープ・防音テープもおすすめです。

窓やドアの隙間から音が抜けることにより、防音性が低くなる事があります。

少しの隙間を埋めるだけで、防音性が向上するのでおすすめです。

窓やドアの隙間に沿って貼るだけなので、剥がすのも簡単で原状回復しやすいのもメリットの一つ。

4.スリッパ

騒音で特に気になるのが、大きな足音です。

スリッパを履くだけで、簡単に足音を軽減できます。

スリッパで足と床が触れる振動を緩和させてくれるので、普段から足音が大きな方や無意識に踵歩きをしてしまっている場合も安心です。

お子さんが履くと、走り回ることを抑止する効果もあるのでぜひ試してみてください。

5.段ボール

段ボールが本当に効果あるの?と思いますよね。

実際に遮音性はあまり期待できないものの、音を吸収するには一定の効果があります。

段ボールの断面に細かな穴が空いており、そこに音が流れることによって徐々に音が吸収されるという仕組みです。

段ボール一枚では薄いため吸音効果も低いですが、何枚か重ねて厚くすることでより効果は高まります。

スポンサーリンク

場所別の防音対策を知りたい方へ

【賃貸】アパートの壁が薄いなら防音対策が必須!ニトリの防音シートが最強?
「賃貸アパートの壁が薄いから、話し声やテレビの音が隣人に聞こえていないか心配…。トラブルになるのは嫌だから、防音対策をした方がいいのかな?」 アパートの壁が薄い問題はよくあること。神経質な方だと、隣から聞こえる小さな音でもストレスを感...
【賃貸】アパートの床に効果的な防音対策とは?下に響かない方法を紹介
「アパートに住んでいるけど、足音や物を落とした時の音が下の階に響くのは迷惑だよな…防音対策をしようと思うんだけど、どんな方法が効果的なんだろう?」 このようなお悩みを解消するため、賃貸アパートの床に効果的な防音対策やアイテムなどをご紹...
【賃貸】アパートの窓も防音対策を忘れずに!おすすめアイテムも紹介
「アパートの壁や床は防音対策をしているけど、窓もした方がいいのかな…?生活音が外に漏れて聞こえるのは恥ずかしいし…」 このようなお悩みを解消するため、アパートの窓も防音対策をした方がいい理由と、おすすめの方法をご紹介! プライバ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました